トップ > 製品紹介 > SYSCOM-032の特徴

SYSCOM-032の特徴

施設内総合システム型



基本システムとそのコンセプト(施設全体の脱臭システム)

そのコンセプトは『森林浴を施設内に再生』がテーマです。

 

オゾン脱臭装置と、それを制御するコントロールBOXとで構成される。

コントロールBOXを事務所・ナースステーション、EPS・機械室等に設置し、

小型で低濃度のオゾン及びマイナスイオンの発生能力をもち、天井内に設置された

オゾン脱臭装置に配線にて電源供給を行い、オゾン脱臭装置の稼働時間をコントロール。

居室・共有スペース等、施設内全体の脱臭を行うシステムです。

コントロールBOXの役割と特徴

  • 一台のコントロールBOXで40台のオゾン脱臭装置の稼働時間を制御します。
    (設置台数によってコントロールBOXが2台〜と増設されます)
  • オゾン脱臭装置の稼働時間を2系統に設定できます。
    (例:1系統は6分稼働、6分停止:2系統は3分稼働、9分停止)
  • 設定時間の設定変更が自由にできます。
    (例:系統別に稼働時間と停止時間が分単位で設定・変更できます及び1日の中で何時から何時までオゾン脱臭装置を稼働させるか等)
  • 安全対策として主電源のコントロールBOXは10Aのヒューズで対応。

SYSCOMオゾン脱臭装置の特徴

  • SYSCOM®オゾン脱臭装置は、マイナスイオン及び低濃度オゾンの同時併発機です。
  • 1台のオゾン脱臭装置で床面30m2の脱臭が可能です。(天井高350cm以下)
  • 消費電力は1台10Wです。(平均総稼働時間6時間として1日90銭〜1円程度です)
  • 沿面放電方式ため発生体の定期的な交換、または消耗品がありません。
  • 紫外線ランプによるオゾン脱臭装置と比べランニングコストが圧倒的に格安です。
    (紫外線ランプ方式は保証期間である導入年度からランプの交換が発生します)
  • 稼働時間の系当選択がオゾン脱臭装置本体で簡単に切り替え・選択できます。
  • オゾン脱臭装置の稼働は間歇運転が基本です。
  • 安全対策として、過電流に対し1Aのヒューズで対応。
  • 電気配線(100V、渡配線5芯2mm2)の延長で増設が簡単です。・・・・・他

 

こんな施設・こんな所に最適です

PDF PDF(142KB/1ページ)

 

(関連ページ)SYSCOM-032 導入例

商品のお問い合わせは 048-456-1009 または
syscom-1@movie.ocn.ne.jp へご連絡ください。
※「シスコム・ワン」及び「SYSCOM」は株式会社シスコム・ワンの登録商標です。